チーズケーキを作りたい方
美味しいチーズケーキを食べたい方
チーズケーキレシピ      美味しいチーズケーキなら      お取り寄せチーズケーキ      手作りレシピ

チーズケーキ日記・コラム

地元産、限定品で特色 お中元4-5千円が主流@チーズケーキマニア

百貨店などの中元商戦が本格化してきた。
早期注文割引などもあり、「最近は六月で商戦の成否が見える」
(百貨店関係者)。
すでに神戸阪急などは五月から特設売り場を開いたが、
六月になって大丸神戸店なども商戦に参入。
地元産や名産品、限定商品などの特色を打ち出したり、
自宅用に購入する人を当て込んだ品ぞろえが目立つ。(末永陽子)

 一日に売り場を開いた姫路市の山陽百貨店は、同市内の会社が
作ったハムなどを販売。先行して開設したヤマトヤシキも姫路、
加古川店で兵庫の特産コーナーを設け、「地元産」をキーワードにした
商戦が始まった。

 “お取り寄せ”ブームに着目したのは、十二日に特設会場を開く
神戸・三宮のそごう神戸店。
「全国のおいしいものを食べたい」との需要にこたえ、
北海道名物のチーズケーキや青森県産のリンゴゼリーなどを扱う。

 神戸阪急でも「全国の名産品が人気」という。ジャスコや
マックスバリュを運営するイオングループも九州の海産物や
郷土料理を販売している。

 神戸・元町の大丸神戸店は一日に特設売り場を開いた。
同社の創業二百九十周年記念と銘打ち、和牛の塩釜焼きや京菓子など
「今年限りの限定販売」で購買意欲をくすぐる。
小分けにした和牛の詰め合わせなども用意。
「お年寄りの世帯や若い女性が自宅用に買ってくれる」と期待する。

 早期割引の影響などで、各店とも早めの注文が多い。
「昨年は売り上げの半分を六月の注文分が占めた」
(そごう神戸店など)ところも多く、「商戦はすでにヤマ場」と
山陽百貨店。

 今夏の中心価格帯は四千-五千円。景気回復の中でも昨年とほぼ同額
で「財布のひもがぐっと緩むということはない」(百貨店関係者)。
大半の店舗は「微増」か「前年並み」の売り上げを見込む。
(神戸新聞ニュースより)
http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/kz/0000367778.shtml


【チーズケーキマニアより】
お中元ですか〜。
子供のころは、ビールや洗剤だとガッカリしたものです。^^;
やっぱり、普段あまり飲めそうもない高級なジュースとか
お菓子類とかが届くと大はしゃぎしたものです。(20年以上も前の事ですが 汗)
お取り寄せブームもこんなところに影響しているのですね!
どうですか?お中元に、ひんや〜りしたレアチーズケーキなんて!

●お中元にぴったりなチーズケーキ


ブログランキング
人気blogランキング@クリック応援よろしくお願いします!


チーズケーキのことなら

●チーズケーキの情報をもっとみる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。